TOP > ソラルクスとは

ソラルクスとは

ソラルクス社のグラスハウス「建物併設仕様(アトリウム)」ソラルクスとは、グラスハウス®(ガーデンルーム)の製造を手がけるドイツのメーカーです。品質の高さとセンスの良さは、ヨーロッパを中心に高い知名度があります。

ソラルクス社のグラスハウス®(ガーデンルーム)は、日本国内メーカーのガーデンルーム(サンルーム)に比べ、支柱が少なく室内からの視界性が圧倒的に高いという点、外観センスが良く優れたデザイン性をもつという点など、数多くの斬新さがあり、ドイツ本国はもちろん、ヨーロッパ各地を中心に多数の実績があります。

なお、日本におきましては、ガーデンルームの累計販売実績が15年日本ナンバー1の株式会社東万(当社)が、2012年秋にソラルクス社と業務提携を行い、日本国内総代理店として、ソラルクスの販売を開始いたしました。三重県鈴鹿市にある当社展示場(鈴鹿展示店)では、ソラルクス社のグラスハウス®展示を行っており、直接本場のグラスハウス®を見て触れていただけます。

ソラルクス社について

本社はドイツの北西部に位置し、ドイツ国内に自社工場2ヶ所、オランダやイギリスにも事業所があります。
グラスハウス®(ガーデンルーム)以外にも、家の開口部に取り付ける「フォールディングドア(折りたたみ式ドア)」を製造するメーカーでもあります。

ドイツのソラルクス本社(ヴュッセンドルフ)

ドイツのソラルクス本社(ヴュッセンドルフ)

次期社長のステファン氏(左)と当社社長(右)

社長のステファン氏(左)と当社社長(右)


ソラルクス社の新社屋 メイキングムービー


ソラルクス社の新社屋 オープニングセレモニー

ヴュッセンドルフ本社にあるショールーム、並びに、ミュンスターの屋外展示場です。
広大なショールームには、各種グラスハウス®が展示されています。

ヴュッセンドルフ本社のショールーム

ヴュッセンドルフ本社のショールーム

ヴュッセンドルフ本社のショールーム

ヴュッセンドルフ本社のショールーム

ヴュッセンドルフ本社のショールーム

ヴュッセンドルフ本社のショールーム

ミュンスターの屋外展示場

ミュンスターの屋外展示場

世界における施工実績

ソラルクス社の製品は、世界各地の有名施設においても採用されています。
以下はアメリカ各地の有名スタジアムにおける施工実績です。

ヤンキー・スタジアム(ニューヨーク・ヤンキース本拠地)

ヤンキー・スタジアム(ニューヨーク・ヤンキース本拠地)

シティ・フィールド(ニューヨーク・メッツ本拠地)

シティ・フィールド(ニューヨーク・メッツ本拠地)

AT&Tパーク(サンフランシスコ・ジャイアンツ本拠地)

AT&Tパーク(サンフランシスコ・ジャイアンツ本拠地)

レッドブル・アリーナ(サッカー ニューヨーク・レッドブルズ本拠地)

レッドブル・アリーナ(サッカー ニューヨーク・レッドブルズ本拠地)

ソラルクス社グラスハウス®の主な特徴(国産ガーデンルームとの違い)

1. 選べる豊富な機種モデル

洗練されたスタイルとガラスの特性を十分に生かし、高い透明性と圧倒的な解放感を実現する「アトリウム」。

グラスハウス®の透明感と解放感はそのままに、屋根の一部に木製部材を採用することで、自然と調和するスタイルを実現する「オーラ」。

2大モデルのいずれもフレームカラーは240色より選択可能です。
他モデルも含め、貴方だけのオリジナルモデルをご検討いただけます。

グラスハウス「アトリウム」

グラスハウス®「アトリウム」

グラスハウス「オーラ」

グラスハウス®「オーラ」

2. 選べる3タイプ以上の側面パネル

レールに沿ってガラスパネルをスライド&ターンさせる仕組みの「SL25」、SL25にフレーム枠が付いたタイプでクローズ時の気密性が上がる「SL25R」、頑丈なフレーム付き&折り戸タイプの「SL45」など、目的や用途に応じて、3タイプ以上の側面パネルからご選択いただけます。

「SL25」

「SL25」

「SL25R」

「SL25R」

「SL45」

「SL45」

3. 圧倒的な視界性

圧倒的な視界性支柱を少なくし、室内からの視界性を高める設計がされています。

グラスハウス®「アトリウム」の全面開放仕様では、独自のスライド&ターンシステムを採用したガラスパネルにより、外側ガラスパネルのフルオープン・フルクローズを実現しています。

一般的な国産のガーデンルームでは、柱やフレーム枠が存在していることでガーデンルーム室内からの景色を遮っていましたが、アトリウムの全面開放仕様(ガラスパネル:SL25)では、ガラスパネル本体にもフレーム枠がない為、まるで外と一体化したような、圧倒的な視界の広がりを持つガーデンルームが実現できます。

4. 気密性の高さ

気密性の高さ既存のガーデンルームにはない気密性の高さを実現しており、特にガラスパネル「SL45」は、極めて高い気密性があります。

頑丈なフレームの作りと、折り戸式の連結したガラスパネルにより、ガーデンルーム内の気密性がしっかりと保たれ、冬山の施設でも採用された高い実績を誇ります。

また、開閉するガラスパネルのフレーム部を小さくし、外部への視界を妨げないようにする配慮もなされており、フレーム自体の質感も国産を上回っております。

5. フレキシブルなサイズ・大きな出幅にも対応

国産のガーデンルームに比べ、多様なサイズでオーダーができ、かつ、大きな出幅にも対応しています。

アトリウムでは間口9,000mmから奥行6,000mmまで、オーラでは間口9,000mmから奥行4,300mmまで、サイズ対応しています。さらに、国産のガーデンルームの出幅はせいぜい3mが限界ですので、大きな出幅に対応可能なソラルクスのグラスハウス®は非常に魅力的です。

なお、屋根の角度も25度まで対応可能です(別注扱いになります)。

フレキシブルなサイズにも対応

フレキシブルなサイズにも対応

屋根の角度を5~25度の範囲で調整可能

屋根の角度を5~25度の範囲で調整可能

6. 強靭な積雪対応

国産のガーデンルームとは比較にならない、強靭な積雪対応をしています。

国産の標準的なガーデンルームの積雪強度は60kg/㎡、積雪対応タイプでは150kg/㎡ですが、ソラルクスのグラスハウス®は「標準タイプで85kg/㎡」、「積雪対応タイプ(別途オーダー)で350kg/㎡まで」が対応可能です。

7. 豊富なカラーバリエーション

カラーは全240色以上をご用意しています。

建物や用途にマッチした オリジナリティーあふれる色をチョイス頂ける「オーダーカラーシステム」を採用し、一般的な国産ガーデンルームにはなかった豊富なカラーバリエーションとなっています。

豊富なカラーバリエーション

豊富なカラーバリエーション

カフェでの施工例(深みのあるグリーン塗装)

カフェでの施工例(深みのあるグリーン塗装)

「グラスハウス®」とは

「グラスハウス®」は株式会社東万 ソラルクスジャパン事業部の登録商標です。